数年前に左肩の五十肩を発症。以後マッサージやリハビリなどで改善した。今度は、1年前から右肩に違和感があり病院で診察を受けた結果五十肩と言われた。前回同様、マッサージやリハビリに通ったが改善はしなかった。右肩を上に挙げようとすると全く挙がらない。前回無かった肩甲骨周りの痛みも誘発している。痛みは前回よりもヒドイ。また、肩をかばっていた影響で両股関節のいたみも出ている。このままでは仕事に支障がでてしまうので、ホームページを見て来院。
<初回の状態>
・右肩を上げようとすると40°ぐらいしか上がらない。その時に、肩甲骨にまで痛みが出ている。
・もともと運動や、身体を動かすことが無かった為身体は硬い。背中のハリはだいぶある。
・両股関節の動きはあまりなく上げると引っかかる感じがする。
・右肩を下にして寝てると普段から痛みがでてしまう。

<経過>
・1回目の施術で右肩を中心に施術。肩の可動域を増やして行き肩甲骨周りの痛みを減少させる。施術後は肩が40°しか上がらなかったが、耳の近くまで上がるようになった。また、肩甲骨の硬さも改善し以前よりも動きがでている。肩と同様、股関節の部分も施術。施術後、痛みは軽減しバランスが良くなる。2回目は4日後に来院。前回同様肩を中心に施術。前回よりも可動域は増え肩も上がるようになっていた。右側を向いて寝ると痛みが出ていたが改善していた。五十肩は、関節の可動域が減少して起こる症状なので、今後も状態を見ていき施術していきたいと思う。